2019年11月13日

ダブルの効果:進行肺がんに有効な治療法 -進行肺がんに対する分子標的薬と抗がん剤を組み合わせた新たな治療法を開発-

 東北大学大学院医学系研究科 緩和医療学分野の井上彰教授らのグループは、EGFR遺伝子に異常を持つ進行肺がんにおける新たな治療法の効果について報告しました。
2010年に、井上教授らは進行肺がんにおける分子標的薬ゲフィチニブの有効性を報告しましたが、本研究はその治療法をさらに発展させたものであり、進行肺がんでありながら生存期間中央値が50カ月を超える結果が得られ、従来の治療成績(約30カ月)に比べて、治療効果が大幅に向上されました。

 本研究成果は、2019年11月4日(日本時間11月5日)Journal of Clinical Oncology誌(電子版)に掲載されました。
本研究は、厚生労働省科学研究費補助金の支援、および、認定NPO法人北東日本研究機構から公益事業としての支援を受けて行われました。

pagetop