2019年12月16日

膵嚢胞性腫瘍術後再発のパターンを解明 -膵がんの早期発見や再発予測に期待-

 この度、手稲渓仁会病院・消化器病センターの永井一正医師(現、東京医科大学・消化器内科)、札幌東徳洲会病院・医学研究所の水上裕輔部門長(旭川医科大学医学部内科学講座 准教授)、小野裕介主任研究員、及び同病理(現、東北大学)大森優子助教らの研究チームは、嚢胞(のうほう)性膵腫瘍「膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)」で手術を受けた患者さんを対象に行った研究により、再発に特徴的なパターンを発見しました。

 本研究成果は、米国カナダ病理学会雑誌『Modern Pathology』への掲載に先立ち、11月13日付けでオンライン版にて公開されました。

pagetop