2020年3月11日

コップ=輪っか?:ホモロジー解析技術による新規画像診断法- 機械学習を用いてCT画像のみから放射線治療後の経過予測に成功-

 放射線治療では、異なる患者に同じ放射線治療を施した場合でも、治療効果を正確に予測することが困難で、治療効果が高い場合と低い場合が出てきます。放射線治療を行う前に、その効果を把握することができれば、患者ごとに最適な治療法を提案できる可能性があります。
今回、東北大学大学院医学系研究科放射線腫瘍学分野の神宮啓一教授らのグループは、大阪大学と共同で、CT画像の診断にホモロジー解析技術と機械学習を用いることで、治療前CT画像から放射線治療の効果を高い精度で予測することに成功しました。
この研究成果から、治療前に治療効果を正確に予測できる診断法を確立できる可能性を示すことができ、患者ごとに最適な治療方針を決定できる支援システムの開発につながることが期待されます。

 本研究成果は、2020年2月25日に国際科学誌 Medical Physics(電子版)に掲載されました。

pagetop