2020年7月13日

2020年度 日本肝胆膵外科学会で消化器外科学分野の畠達夫さんが理事長賞を受賞

日本肝胆膵外科学会にて消化器外科学分野の畠達夫さんが、2020年度日本肝胆膵外科学会理事長賞を受賞いたしました。

受賞題目
Plasma cell-free KRAS mutant allele can serve as a predictive marker for occult metastases in pancreatic cancer patients with radiographically non-metastatic disease

受賞内容は2021年2月23日(火)~24日(水) の期間に行われます第32回日本肝胆膵外科学会学術集会のプレナリーセッションで発表予定です。

pagetop