2020年7月20日

超軽量リハビリ装具で脳卒中患者の歩行を改善 〜バネ−カム機構を装着するだけで膝が曲がりやすく転倒予防に!〜

 脳卒中患者の数は,超高齢社会の日本では増加の一途をたどっています。脳卒 中患者にとって歩行リハビリの質の向上は,「生活の質(Quality of Life: QOL)」の 向上に直結する重要な課題です。
 東北大学医学系研究科関口雄介非常勤講師,同大学工学研究科大脇大准 教授,NEC野崎岳夫,福司謙一郎研究員らの医工学,産学連携研究グループは,モーターレスでシンプルなバネ-カム機構を用いた超軽量歩行アシストデバイスを開 発しました.脳卒中片麻痺患者 11 名を対象とした臨床実験の結果,歩行中の蹴り 出し補助のみならず,副次的に,遊脚注 5 の膝が曲がりやすくなる効果を確認しました.
この効果は,歩行中のつまずきによる転倒予防につながると考えられ,多くの患 者の福音となることが期待されています.

本研究成果は,2020年7月2日に臨床研究に関する科学誌 Gait & Posture電子版に掲載されました.

pagetop