2020年9月9日

宇宙マウス研究から健康長寿のヒントを発見 〜宇宙環境で加速する加齢変化を食い止める遺伝子〜

 人類が宇宙進出を果たすためには、宇宙放射線や微小重力環境などの宇宙環境ストレスによる健康リスクを克服することが必要です。
東北大学大学院医学系研究科の鈴木隆史講師(医化学分野)、山本雅之教授(医化学分野、ToMMo機構長)および宇宙航空研究開発機構(JAXA)の芝大技術領域主幹らは、宇宙長期滞在によって加齢変化が加速すること、また宇宙ストレスによってNrf2が活性化し、この加齢変化加速を食い止め健康を維持するために働くことを明らかにしました。
 月探査協力に関する文部科学省と米航空宇宙局(NASA)の共同宣言に、今後、日本人宇宙飛行士の月面での活動機会を可能とするための取決めを策定することなどが盛り込まれた有人宇宙探査時代に向けて、この知見を活用した宇宙滞在における健康リスクの克服が期待されます。また加齢についての研究および高齢者の健康を守る研究等に発展することが期待されます。

 本成果は、ToMMoとJAXAとの「健康長寿社会実現への貢献を目指した「きぼう」利用に係る連携協定(2019年2月8日)」で得られた初の科学成果となります。また、日本時間 2020 年 9月 8日にNature Researchが提供するオープンアクセス学術誌「Communications Biology」のオンライン版で公開されました。

 第3回小動物飼育ミッションの結果を含め、両機構の連携協力によって初めて実現可能な宇宙と地上の研究をつなげるためのマウスデータベースの一部について、2020年度中に公開を予定しています。

pagetop