2020年10月22日

骨形成因子が脳室の繊毛形成を制御する -先天性水頭症の新規発症メカニズム理解への貢献が期待-

 脳の中には脳室と呼ばれる空間があり、脳脊髄液と呼ばれる液体が絶えず循環しています。脳脊髄液の循環は、脳室の中を裏打ちする脳室上衣細胞が持つ繊毛の波打ち運動によって作られています。繊毛の形成や機能に障害が生じると脳脊髄液の循環が滞り、水頭症などの障害の原因となり得ることが知られていました。
 東北大学大学院医工学研究科の稲田仁特任准教授らのグループは、骨形成因子として知られていたBMP2とBMP4タンパク質が、マウス新生仔脳から取り出して培養した上衣細胞において、繊毛の形成を顕著に阻害することを見出しました。これまで、BMPが脳室上衣細胞の繊毛形成に関与することは報告されておらず、本研究の結果は、先天性水頭症の新しい発症メカニズムの理解に資すると期待されます。

 本研究成果は、2020年10月22日に国際科学誌Tohoku Journal of Experimental Medicine (電子版)に掲載されました。

pagetop