2020年10月23日

疲労を残しにくいワークアウト運動法の開発にむけて ~可動域制限トレーニングはトレーニング後の疲労回復にも効果あり~

 テーピングやサポーターを用いた可動域制限トレーニングは、運動効果を高めたり怪我を予防したりするうえで有効です。
 東北大学大学院医工学研究科のネギヤシ ヤノシュ特任助教と永富良一教授らのグループは、下半身のトレーニングにおいて膝下サポーターを使用すると、ワークアウト運動後の疲労が軽減されることを明らかにしました。
本研究によって、疲労を残しにくい新しいトレーニング方法の開発につながることが期待されます。

 本研究成果は、2020年10月6日に国際科学誌Journal: European Journal of Applied Physiology(電子版)に掲載されました。 

pagetop