2020年11月2日

アレルギー性皮膚炎の新しい制御メカニズムを発見 - 脂質栄養を介した新たなアレルギー予防の可能性 -

 アレルギー性皮膚炎は接触アレルゲンによって引き起こされる皮膚炎の一種です。

 東北大学大学院医学系研究科器官解剖学分野の小林周平助教と大和田祐二教授らの研究グループは、アレルギー性皮膚炎の発症制御において脂肪酸結合タンパク質 3型(FABP3)が重要な役割を果たしていることを明らかにしました。
 本研究成果は、幼体における脂質の摂取量や組成が、成長後のアレルギー性皮膚疾患の発症および増悪に影響している可能性を初めて明らかにした重要な報告です。将来的に、発達期の栄養コントロールによるアレルギー疾患発症予防へと発展することが期待されます。

 本研究成果は、2020年10月22日欧州アレルギー学会雑誌Allergy誌(電子版)に掲載されました。 

pagetop