2021年2月15日

続報・肺転移のあるイヌ悪性黒色腫に 抗PD-L1抗体が有効であることをはじめて実証 ~イヌ用免疫チェックポイント阻害薬の実現に大きく前進~

 北海道大学大学院獣医学研究院の前川直也特任助教及び今内 覚准教授らの研究グループは,イヌPD-L1を特異的に検出する免疫組織化学染色法を樹立し,免疫チェックポイント阻害薬である抗PD-L1抗体を用いた治療が肺転移した悪性黒色腫を持つイヌに対して一定の有効性と安全性を示すことを明らかにしました。

 近年,長寿命化に伴い悪性腫瘍(がん)によって命を落とすイヌが増えており,既存の治療法に加えて新たな治療戦略の開発が望まれています。ヒト医療では,外科療法・放射線療法・化学療法に加え,免疫療法の応用が進んでおり,特に抗PD-1抗体や抗PD-L1抗体といった免疫チェックポイント阻害薬は,悪性黒色腫や肺がんなどの多くのがん種に対して良好な治療成績が報告されています。これまでにイヌの悪性腫瘍においてもPD-1/PD-L1経路による免疫抑制が起きていること,また世界初のイヌ用免疫チェックポイント阻害薬であるイヌキメラ抗PD-L1抗体(c4G12)が一部のイヌにおいて腫瘍の退縮をもたらすことを同大学動物医療センターにおける臨床研究によって明らかにしてきました。しかし,どのような腫瘍でPD-L1が発現しており治療の標的となるのか,また抗PD-L1抗体の治療効果や安全性についてはいまだ情報が少なく,より大規模な検討が必要でした。

そこで本研究では,まずイヌPD-L1を特異的に検出する免疫組織化学染色法を樹立し,発現解析を行ったところ,悪性黒色腫をはじめとする様々な種類のがんで高率にPD-L1の発現が認められました。また,肺に転移した悪性黒色腫をもつイヌ29頭に対し,抗PD-L1抗体による試験的治療を行ったところ,一部のイヌで肺転移巣を含む腫瘍の退縮が観察されたほか,同センターにおいて治療した過去の症例と比べ,抗PD-L1抗体治療群では有意に生存期間が長いことが明らかになりました。本成果は,イヌ腫瘍治療に免疫療法という選択肢をもたらすための大きな一歩であり,イヌでの免疫チェックポイント阻害薬の実用化に向けた重要な知見となります。

なお,本研究の一部は文部科学省科学研究費助成事業及びAMED創薬等ライフサイエンス研究支援基盤事業(創薬等支援技術基盤プラットフォーム事業)の支援の下,東北大学と共同で行いました。

なお,本研究成果は,日本時間2021年2月12日(金)午後7時(英国時間2021年2月12日(金)午前10時)公開のnpj Precision Oncology誌に掲載されました。

【お問い合わせ先】
●研究内容に関すること
東北大学未来科学技術共同研究センター/大学院医学系研究科抗体創薬研究分野
教授 加藤幸成
TEL 022-717-8207  
FAX 022-717-8207  
メール yukinarikato@med.tohoku.ac.jp

●取材に関すること
東北大学大学院医学系研究科・医学部広報室
電話番号:022-717-7891
FAX番号:022-717-8187
Eメール:pr-office@med.tohoku.ac.jp

pagetop