2021年3月3日

超音波治療による血管-神経新生作用を発見 – 脳梗塞後の神経機能回復のための新しい治療法へ期待 –

脳に梗塞が起きると一部の脳領域で神経が新生し、損なわれた機能を補完しようとすることが報告されていますが、この神経新生を効果的に誘導する治療法は未だ確立されていません。
東北大学大学院 医学系研究科 循環器内科学分野の下川 宏明客員教授、安田 聡教授、進藤 智彦助教、一條 貞満医師らの研究グループは、マウス脳梗塞モデルにおいて、低出力パルス波超音波(LIPUS)が血管-神経新生を促進し、脳梗塞に対して治療的効果を発揮することを明らかにしました。下川教授らは、現在、認知症患者に対するLIPUS治療の効果を検証する医師主導治験を実施しています。
本研究によりLIPUSのさらなる作用機序が解明され、今後、脳梗塞などの神経疾患に対してもLIPUS治療が応用できる可能性が期待されます。

本研究成果は、2021年3月2日午前10時(現地時間、日本時間3月2日午後7時)Scientific Reports誌(電子版)にオンライン掲載されました。

【問い合わせ先】

●研究に関すること
東北大学大学院医学系研究科循環器内科学分野
客員教授 下川 宏明(しもかわ ひろあき)
(現職:国際医療福祉大学 副大学院長)
電話番号:022-717-7152
Eメール:shimo*cardio.med.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

●報道に関すること
東北大学大学院医学系研究科・医学部広報室
TEL:022-717-7891
FAX:022-717-8187
Eメール:pr-office*med.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

pagetop