2021年3月30日

まるでドミノ!? 細胞死が連鎖して広がっていく - 鉄依存性細胞死(フェロトーシス)の拡散現象を発見 -

フェロトーシスは近年報告された鉄依存性の細胞死であり、心筋梗塞、脳卒中などの虚血性疾患注4やALS(筋萎縮性側索硬化症)などの神経変性疾患で観察されます。さらに、フェロトーシスはがん細胞の除去機構として働くことが分かっており、新たな「がん治療」戦略の鍵として注目されています。

 東北大学大学院医学系研究科生物化学分野の西澤弘成博士、五十嵐和彦教授らの研究グループは、加齢医学研究所の田中耕三教授らとの共同研究により、フェロトーシス細胞から周囲の細胞へ脂質過酸化反応が伝播し、フェロトーシスが連鎖していくことを発見しました。フェロトーシス細胞の培養液の健常細胞への添加や、フェロトーシス細胞との共培養によってフェロトーシスの拡散が容易に起こることも明らかとなりました。生体内でも同様の現象が起きていると推測され、疾患によっては、フェロトーシスの拡散現象によって説明できます。今後、虚血性疾患や神経変性疾患の新たな治療戦略の開発につながることが期待されます。また、フェロトーシスの拡散現象を利用することでより効果的な「がん治療」を創出することができると考えられます。

 本研究の成果は、2021年3月29 日に学術誌Cell Death & Diseaseにて発表されました。

pagetop