2021年7月1日

早期発見と個別治療最適化で、 膵臓がんで亡くなる患者さんを減らしたい 1,500万円を目標にクラウドファンディングに挑戦

東北大学大学院医学系研究科病態病理学分野(以下、本研究チーム)は、膵臓がんの早期発見と個別治療最適化の研究資金を得るため「READYFOR」にてクラウドファンディングプロジェクトを7月2日に公開し、1,500万円を目標に寄附募集を開始いたします。
膵臓がんは極めて難治性のがんで、年間に国内で膵臓がんに罹患する方は4万人、亡くなる方は3万5千人となっています。がんの根治度を示す指標である診断後の5年生存率はわずか8.5%、平均余命1年半程となっていて、各種がんの中で最も助かる可能性の低いがんです。しかし、膵臓がんに罹患する方は年々増え続けており、2030年には4万人になると予測されています。膵臓がんで亡くなる方を減らすための鍵は、早期発見と患者さん個々に合った治療にあります。本研究チームはこの二つの鍵を解明する研究を進めており、そのための研究資金を得るため本クラウドファンディングプロジェクトを立ち上げました。
本研究の推進により、膵臓がんの早期発見および患者さんお一人おひとりに最適な治療を行うことが可能となると考えられます。膵臓がんで亡くなる患者さんを減らしたいという願いを実現するため、是非ともご支援をお願いいたします。

【クラウドファンディングプロジェクト概要】
●プロジェクト名:早期発見と個別治療最適化で、膵臓がんで亡くなる患者さんを減らしたい
●目標金額:1,500万円
●形式:All in 型、寄附金控除型
●ご寄附受付期間:2021年7月2日10時~2021年9月30日23時)
●プロジェクトページURL(ウェブサイト):
https://readyfor.jp/projects/tohoku-PDAC
※本プロジェクトへのご寄附は、税制優遇の対象となります。

【問い合わせ先】
●プロジェクト内容に関すること
東北大学大学院医学系研究科病態病理学分野
教授 古川 徹(ふるかわ とおる)
秘書 大泉 由佳(おおいずみ ゆか)
電話番号: 022-717-8048
Eメール: hispathol*med.tohoku.ac.jp (*を@に置き換えてください)

●ご寄附の方法等に関すること
東北大学総務企画部 基金・校友事業室
電話番号: 022-217-6290
Eメール:  kikin*grp.tohoku.ac.jp (*を@に置き換えてください)

●取材に関すること
東北大学大学院医学系研究科・医学部広報室
電話番号: 022-717-8032
Eメール: press*pr.med.tohoku.ac.jp (*を@に置き換えてください)

pagetop