2021年7月8日

急激な腎障害からの回復メカニズムを発見~貪食機能を獲得したペリサイト~

急性腎障害では、腎臓の尿細管細胞に急激なストレスがかかり、広範な領域に細胞死が生じます。死んでしまった尿細管細胞は、尿細管から剥がれ落ち、尿の通り道を塞いでしまいます。これが広範にわたって生じると尿を生成できなくなり、死に至ります。これを防ぐために、マクロファージや貪食能を得た尿細管細胞が死細胞のクリアランスを担うことが知られています。
プロテオグリカンであるNG2は腎臓ではペリサイト(毛細血管周皮細胞)に発現しています。我々は腎虚血再灌流による急性腎障害において、NG2陽性細胞の数が増加し、毛細血管から剥がれることを見出していました(Zhang et al. Kidney Int. 2018)。今回の研究においては、このNG2陽性細胞の性質の一部について解き明かすことに成功しました。すなわち、一部のNG2陽性細胞はマクロファージマーカーであるF4/80やCD11bを発現し、貪食活性を獲得していることを発見したのです。この貪食細胞化したペリサイトを、急性腎障害を起こしたマウスに養子移植(静脈内投与)すると、急性腎障害からの回復が早まりました。
ペリサイトは虚血再灌流後において、コラーゲンを発現する筋線維芽細胞様性質を獲得することは報告されていましたが、今回発見した貪食能を有するNG2陽性細胞ではコラーゲン発現は増えておらず、抗炎症性物質の発現が亢進しておりました。このような多様な細胞集団が、急激な臓器障害後に出現して、臓器機能回復に一役買っていることが明らかとなりました。

【お問い合わせ】
●取材に関すること
東北大学大学院医学系研究科・医学部 広報室
TEL: 022-717-8032
FAX: 022-717-8187
press*pr.med.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

pagetop