2021年7月14日

RSウイルスの感染は目に見える前から始まっている 7日間の感染予防対策が必要

RSウイルスは主に5歳未満児で急性下気道感染症を引き起こすウイルスです。年長児や大人を含む家庭内での感染や保育施設などでの集団感染が多いことで注目されています。

東北大学大学院医学系研究科の微生物学分野押谷仁教授らのグループは、フィリピン熱帯医学研究所およびシンガポール国立大学と共同研究を行い、小児急性呼吸器感染症の主要な原因ウイルスであるRSウイルスの家庭内での感染の多くは、家族がRSウイルスに感染して症状が出る前の期間も含めて約7日以内に発生することを報告しました。これまでに知られていなかったRSウイルス感染リスクの経時的変化が明らかになったことで、家庭や施設での重点的な感染予防対策の考案に貢献できることが期待されます。

本研究成果は、2021年 7月3日に American Journal of Epidemiology(電子版)に掲載されました。

【お問い合わせ】
●研究に関すること
東北大学大学院医学系研究科微生物学分野
教授 押谷 仁
電話番号: 022-717-8211
Eメール: info*virology.med.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

●取材に関すること
東北大学大学院医学系研究科・医学部広報室
電話番号:022-717-8032
FAX番号: 022-717-8187
Eメール: press*pr.med.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

pagetop