2010年2月24日

コニカミノルタ画像科学奨励賞を受賞 (ナノ医科学寄附講座 権田幸祐講師)

医学系研究科ナノ医科学寄附講座の権田幸祐講師が「In vivo ナノイメージング法を用いた抗がん剤の開発」のテーマでコニカミノルタ画像科学奨励賞を受賞しました。3月1日に東京・丸の内のコニカミノルタホールディングス株式会社で授賞式が開かれます。
本賞は、コニカミノルタ画像科学振興財団が「新しい画像技術の探求」を基本テーマに選考を行い、斬新な発想で画像科学研究に従事する若手研究者(40歳以下)に贈られます。権田幸祐講師は、がんの仕組みをナノメートルレベルで可視化する生体観察技術の開発成果と、この技術を抗がん剤開発に応用するテーマが評価され、本賞を受賞しました。

pagetop