2010年6月22日

第6回国際NO学会で、医学系研究科の佐藤公雄助教(循環器病態学分野)が、若手研究者賞(YIA)の最優秀賞を受賞しました。

第6回国際NO学会で、医学系研究科の佐藤公雄助教(循環器病態学分野)が、若手研究者賞(YIA)の最優秀賞を受賞しました。
NO(一酸化窒素)は生体の恒常性の維持に極めて重要な役割を果たしています。国際NO学会は、1998年にNO研究者3名がノーベル賞を受賞したことを契機に設立された国際学会で、2年に一度、世界各地で開催されてきました。今回は、京都(6月14日〜18日)で開催され、佐藤助教は国内外の最終候補者7名の中から、審査の結果、最優秀賞を受賞しました。研究タイトルは以下の通りです。

Cyclophilin A is an inflammatory mediator that promotes atherosclerosis.

問い合わせ先
医学系研究科循環器病態学分野 下川宏明教授(内線:7151)

pagetop