2010年12月24日

クワズールー・ナタール大学 (南アフリカ)との間で大学間学術交流協定を締結

12月20日(月)、東北大学とクワズールー・ナタール大学との間で大学間学術交流協定調印式が、東北大学において行われました。調印式には、クワズールー・ナタール大学からTahir Pillay副学長が来訪し、井上 明久総長と協定書に署名を行いました。
クワズールー・ナタール大学と本学医学系研究科感染病態学分野は研究交流を2007年から行っており、今回の大学間協定により両大学の教育交流が活発になると共に、双方の研究、特に今まで行われてきた領域であるHIV、HTLV-1、結核などの感染症分野の領域でさらなる共同研究が期待されます。ピレー副学長は当日human security courseの講義として抗HIVプロテアーゼインヒビターのインシュリン抵抗性と題する講演を行いました。

pagetop