画像診断学

Clinical Imaging

放射線医学・バイオイメージング

医用画像を駆使してがんの早期発見や死因解明に挑戦

保健学専攻

  • 修士課程/博士課程

教員構成

石橋 忠司石橋 忠司

石橋 忠司教授

ISHIBASHI, Tadashi Professor, M.D. Ph.D.

TEL:022-717-7481

E-Mail:m-daigakuin*grp.tohoku.ac.jp
(「*」を「@」に変換してください)

この分野の研究テーマ

  • デジタルマンモグラフィの診断支援システムの開発
  • 非侵襲的治療、特に血管狭窄用デバイス開発の開発

研究キーワード

デジタル画像, 診断支援システム, 医用モニタ, 非侵襲的治療法, AI

技術キーワード

マンモグラフィ, 自動診断, モニタの精度管理, ステント, 死後画像

分野の紹介

1)デジタルマンモグラフィの特性を生かしたコンピュータ診断支援システムの開発および、医用画像モニタの精度管理に関する研究を行っています。
2)低侵襲性治療法(インターベンショナルラジオロジー)に必須な医療器材の開発(血管狭窄に用いる血管内薬剤溶出ステントの開発)を行っています。
3)死後の画像(オートプシー・イメージング)から死因特定に至る研究を行っています。

Figure 1 デジタルマンモグラフィのCAD検出例
Figure 1 デジタルマンモグラフィのCAD検出例
Figure 2 死後CT画像の例
Figure 2 死後CT画像の例

主な論文

  • Ishibashi T, et.al. Digital mammographic screening in Japan. Breast Cancer. 17(3):159-62.2010
  • Zhang X, et,al. A Hybrid Image Filtering Method for Computer-Aided Detection of Microcalcification Clusters in Mammograms. Journal of Medical Engineering. Volume Article ID 615254, 8 pages. 2013
  • Sato M, et,al. Cost-effectiveness analysis for breast cancer screening: double reading versus single + CAD reading. Breast Cancer. 2014 Sep;21(5):532-41
  • Kawasumi Y,et,al. Hypothermic death: possibility of diagnosis by post-mortem computed tomography.Eur J Radiol. 2013 Feb;82(2):361-5
  • Kawasumi Y, et,al. Diagnosis of drowning using post-mortem computed tomography based on the volume and density of fluid accumulation in the maxillary and sphenoid sinuses Eur J Radiol. 2013 Oct;82(10):e562-6

OB・OGの主な進路

国立大学教員、独立行政法人技術系職員、大学病院職員

担当教員より進学志望者へのメッセージ

社会人を含めて幅広く大学院生を受け入れています。

pagetop