放射線治療学

Therapeutic Radiology

放射線医学・バイオイメージング, 分子生物学・細胞生物学

適切な放射線治療を安全に提供するために私たちができることを共に学び、発信していきましょう!

保健学専攻

  • 修士課程/博士課程

教員構成

武田 賢武田 賢

武田 賢教授

TAKEDA, Ken Professor, M.D. Ph.D.

TEL:022-717-8010

E-Mail:m-daigakuin*grp.tohoku.ac.jp
(「*」を「@」に変換してください)

この分野の研究テーマ

  • 頭頸部癌に対する適応放射線治療の研究
  • 並列計算を用いた高速線量計算アルゴリズムの開発

研究キーワード

高精度放射線治療, 適応放射線治療, 線量計算アルゴリズム

技術キーワード

画像誘導放射線治療, 強度変調放射線治療, 体幹部定位放射線治療, モンテカルロ法, 3D造形出力

分野の紹介

本邦では、現在、国民の2人に1人が一生の内に癌と診断され、総死亡の約3割を占めると云われており、その死亡率は上昇を続けています。高齢癌患者の増加のため、今後の癌治療では、身体への負担が少ない放射線治療の役割が更に大きくなることが予想されます。
放射線治療は目覚ましい速度で発展しており、定位放射線治療、強度変調放射線治療や画像誘導放射線治療などに代表される高精度放射線治療では副作用の軽減と治療成績の向上がみられ、また手術や化学療法との集学的治療の普及も放射線治療の追い風となっています。
放射線治療学分野は、当学の放射線腫瘍学分野、並びに他施設の医学物理士との共同研究を重視しています。当学では保健学専攻出身者と理工系学部出身者の医学物理士養成コースを併置している為、医工連携をはじめとする研究開発が行える可能性があります。現在、高精度放射線治療の更なる発展を目指した研究(精度を保ちつつ1回の照射時間を短縮し、且つ副作用を減じた高線量照射を短期間で行う照射法や、照射期間中の臓器や病変の形状変化に適合する適応放射線治療の開発等)並びに、治療中の固定精度担保の為の補助固定具自動作成に向けた研究を施行中です。また、それらの基礎となる線量計算アルゴリズムの更なる高精度化が益々重要となっており、独自に線量計算アルゴリズムを実装し、高速かつ高精度な線量計算アルゴリズムの開発を目指して研究を行っています。

Figure 1 放射線治療装置と線量分布、固定具自動作成
Figure 1 放射線治療装置と線量分布、固定具自動作成
Figure 2 肺定位照射における線量分布と等線量曲線
Figure 2 肺定位照射における線量分布と等線量曲線

主な論文

  • Sato K, Takeda K, Dobashi S, et al. Evaluation of the Positional Accuracy and Dosimetric Properties of a Three-dimensional Printed Device for Head and Neck Immobilization. Nihon Hoshasen Gijutsu Gakkai Zasshi. 2017;73(1):57-65.
  • Takeda K. 8. Radiation Therapy for Brain Tumor--No.1 Focus on Liniac, Gamma Knife and CyberKnife Treatment. Nihon Hoshasen Gijutsu Gakkai Zasshi. 2015 Jul;71(7):631-42.
  • Takeda K, Dobashi S, Komori S, et al. Clinical Factors Relating to Cervical Body Volume Reduction during Curative External Beam Radiation Therapy for Head and Neck Cancer. J Nucl Med Radiat Ther. 2015; 6: 203.
  • Komori S, et al. Clinical factors relevant to regional body volume changes during radical external beam radiotherapy for head and neck cancer. Jpn J Clin Radiol. 59(5): 733-739, 2014 [Jpn]
  • Takeda K, et al. Treatment outcome of high-dose image-guided intensity-modulated radiotherapy using intra-prostate fiducial markers for localized prostate cancer at a single institute in Japan. Radiat Oncol. 7:105, 2012
  • Takeda K, et al. Predicting the severity of acute urinary toxicity after brachytherapy with iodine-125 for localized prostate cancer. Tohoku J Exp Med. 223(1):55-60, 2011

OB・OGの主な進路

民間病院

担当教員より進学志望者へのメッセージ

日本では放射線治療を担う人材がまだまだ不足しています。適切な放射線治療を安全に提供するために私たちができることを共に学び、国内外に成果を発信していきましょう!

pagetop