移植再生医学

Transplantation and Regenerative Medicine

基礎医学, 分子生物学・細胞生物学

膵島移植療法および膵島移植を雛型とした次世代細胞移植療法の確立

医科学専攻

  • 修士課程/博士課程

教員構成

後藤 昌史後藤 昌史

後藤 昌史教授

GOTO, Masafumi Professor, M.D. Ph.D.

TEL:022-717-7895

E-Mail:masafumi.goto.c6*tohoku.ac.jp
(「*」を「@」に変換してください)

その他の教員・スタッフ
  • 稲垣 明子助教

    Assistant Prof. INAGAKI, Akiko

この分野の研究テーマ

  • 膵島分離および各種細胞分離用リコンビナントタイプの新規酵素の開発
  • バイオ人工膵島用免疫隔離細胞デバイスの開発

研究キーワード

膵島移植, 肝細胞移植, 細胞分離酵素, バイオ人工膵島, 次世代型細胞移植療法

技術キーワード

細胞培養, 細胞分離技術, 細胞移植, イメージング, 病理解析

分野の紹介

膵島移植は重症糖尿病に対する移植療法で、膵臓から分離・回収した膵島を局所麻酔下で門脈から肝臓内に移植する低侵襲な細胞移植療法です。しかし、分離用酵素等の問題により膵島収量が不安定で、膵島の機能が低いこと、また移植膵島の生着率が低いこと等が原因で、現時点では一人の患者の治癒に複数のドナーが必要という課題を有しています。また、移植後の拒絶反応を抑えるために服用する免疫抑制剤の副作用の問題も有ります。そこで私達は、これらの問題を解決するために日々研究を行っています。膵島分離用酵素については、世界で初めてロット格差が無いリコンビナントタイプの細胞分離酵素を開発し、各組織の状態に合わせて酵素組成を調節することで、膵島の収量や機能が向上することを明らかにしました。この新規細胞分離酵素は、現在、臨床試験の段階に達しており、膵島以外にも肝細胞移植への応用等、他の細胞移植療法への普及が期待されています。また移植前膵島の機能測定方法や、移植後の血糖コントロールにより膵島移植の効果を増大させるプロトコール等、既に臨床応用されている研究成果もあります。現在は免疫抑制剤を使用しない膵島移植を目指し、バイオ人工膵島用デバイスの開発にも取り組んでいます。このように私達は膵島移植が重症糖尿病に対する理想的治療法となるように、さらに膵島移植を雛型とした次世代の細胞移植療法を確立することを目標に研究を進めています。

Figure 1 安全で高性能な新規細胞分離用酵素剤の開発
Figure 1 安全で高性能な新規細胞分離用酵素剤の開発
Figure 2 膵島に対する高感度イメージングシステム
Figure 2 膵島に対する高感度イメージングシステム

主な論文

  • Maeda, et, al. Cloning a neutral protease of Clostridium histolyticum, determining its substrate specificity, and designing a specific substrate. Applied Microbiology and Biotechnology 2015 Aug 26 (Epub ahead oh print)
  • Dendo M, et al. Synergistic effect of neutral protease and clostripain on pancreatic islet isolation. Transplantation. in press, 2015
  • Jimbo T, et al. A novel resting strategy for improving islet engraftment in the liver. Transplantation. 97(3):280-286, 2014
  • Fujio A, et al. Collagenase H is crucial for isolation of rat pancreatic islets. Cell Transplantation. 23(10):1187-1198, 2014
  • Nishimura R, et al. Tacrolimus inhibits the revascularization of isolated pancreatic islets. PLOS ONE. 8(4):e56799, 2013

OB・OGの主な進路

臨床医、研究者も可能、ライフサイエンス系企業も可能

担当教員より進学志望者へのメッセージ

当分野では、基礎研究の成果が臨床に応用される過程を実際に経験する機会が多いことが特長です。移植医療や再生医療の研究と臨床に興味のある方の参加をお待ちしています。

pagetop