地域がん医療推進センター

Tohoku Community Cancer Services Program

臨床医学, 腫瘍学

がんの基礎研究から臨床試験まで、医療ネットワークで地域がん医療を支える

教員構成

城田 英和准教授

SHIROTA, Hidekazu Associate Professor, M.D. Ph.D.

TEL:022-717-7087

E-Mail:hidekazu.shirota.e1*tohoku.ac.jp
(「*」を「@」に変換してください)

この分野の研究テーマ

  • 地域連携ネットワーク構築によるがん医療の社会的基盤の整備
  • がんの分子生物学研究による新たなターゲット分子の同定

研究キーワード

がん医療の地域連携, がんの分子生物学研究, がん免疫研究

技術キーワード

医療連携, 分子生物学, がん免疫

分野の紹介

専門医療人の人材交流、臨床試験や遺伝子診断などの最新の診断技術の提供、患者会・がん相談・緩和医療のネットワークの体制を整備・推進する目的で地域がん医療推進センターが設立されました。宮城県のがん医療の特徴・問題点を検討していくと、高齢化社会、がん医療資源の都市部集中など、まさに日本全体の縮図と言えるのでは無いでしょうか。このように宮城県をモデルとして、地域がん医療の再生を図ることで、日本全体のがん医療の問題を解決する方策を見いだすことが可能かもしれません。東北大学に地域がん医療推進センターを設置し、地域医療機関との間で人的・知的ネットワークを開発・形成することは、このような点から意義のあることとが考え、活動を続けております。

主な論文

  • Ito SE, Shirota H, Kasahara Y, Saijo K, Ishioka C. IL-4 blockade alters the tumor microenvironment and augments the response to cancer immunotherapy in a mouse model. Cancer Immunol Immunother. 2017 Jul 21.
  • Shirota H, Klinman DM, Ito SE, Ito H, Kubo M, Ishioka C. IL4 from T Follicular Helper Cells Downregulates Antitumor Immunity. Cancer Immunol Res. 2017 Jan;5(1): 61-71.Scarzello AJ, Subleski JJ, Anver MR, Ortaldo J R, Lin F, Reynolds
  • Shirota Y, Shirota H, Klinman DM. Intratumoral injection of CpG oligonucleotides induces the differentiation and reduces the immunosuppressive activity of myeloid-derived suppressor cells. J Immunol. 2012 Feb15;188(4): 1592-1599.
  • Shirota H, Klinman DM. Recent Progress Concerning CpG DNA and It’s Use as a Vaccine Adjuvant. Expert Rev Vaccines. 2014 Feb;13(2):299-312.
  • Shirota H and Klinman DM. Chapter 9 “CpG ODN as adjuvants for clinical use”, Immunopotentiators in Modern Vaccines Second Edition, edited by Dr. Virgil Schijns and Dr. Derek O'Hagan. Science & Technology Books, Life Science Academic Press/Elsevier. P. 163-198

OB・OGの主な進路

担当教員より進学志望者へのメッセージ

pagetop