病態液性制御学

Clinical Biology and Hormonal Regulation

基礎医学, 分子生物学・細胞生物学

腎不全治療法の探究とミトコンドリアメディスン

医科学専攻

  • 修士課程/博士課程

教員構成

阿部 高明阿部 高明

阿部 高明教授

ABE, Takaaki Professor, M.D. Ph.D.

TEL:022-717-7163

E-Mail:takaabe*med.tohoku.ac.jp
(「*」を「@」に変換してください)

URL:http://plaza.umin.ac.jp/~takaabe/index.html

この分野の研究テーマ

  • ミトコンドリア・メディスン
  • CKDと腸内細菌叢

研究キーワード

トランスポーター, 腸内細菌, tRNA, ミトコンドリア病, 抗線維化

技術キーワード

トランスポーター, ミトコンドリア, フラックスアナライザ, tRNA, 1-メチルアデノシン

分野の紹介

ミトコンドリア病に対して有効な治療法はなく治療薬の開発が急がれている。
当教室では腎不全患者の血中尿毒症物質からミトコンドリア病患者の皮膚線維芽細胞の保護効果を検討したところ化合物MA-5は生存率を有意に上昇させ、毒性を示すことなく細胞内ATP濃度を上昇させ、ミトコンドリア病モデルマウスの心臓と腎臓の呼吸を改善し長期生存させた。その作用機序は既存の抗酸化作用とは異なりミトコンドリア結合蛋白質を介した新規作用機序であり機能面から多剤とは競合しない。本薬剤はAMED橋渡し研究の支援により非臨床POCの取得をめざしている。
また慢性腎臓病(CKD)患者は増えており現在30万人が透析を受けており1兆5000億円の医療費がかかっていて医療財政を圧迫している。しかし現在腎不全を治療する薬剤は無い。腎不全時には種々の尿毒症物質が血中に蓄積し症状を呈し死亡率が上昇するため、それら尿毒症物質の蓄積を阻止する新たな薬剤の開発が必要である。当教室ではマウス腎不全モデルに慢性便秘症治療薬ルビプロストンを投与すると腎不全時の腸内環境を改善させ、体内の尿毒症物質の蓄積を抑制し腎保護作用を有していることを明らかにした。従って腸内細菌叢を変化させる薬物はCKDに対する新たな治療法であり透析導入延長をもたらす可能性を秘めている。

Figure 1 ミトコンドリア創薬
Figure 1 ミトコンドリア創薬
Figure 2 腸内細菌叢の改善は腎不全治療に結びつく
Figure 2 腸内細菌叢の改善は腎不全治療に結びつく

主な論文

  • Suzuki T., Yamaguchi H., Kikusato M., Hashizume O., Nagatoishi S., Matsuo A., Sato T., Kudo T., Matsuhashi T., MurayamaK., Ohba Y., Watanabe S., Kanno S.-I., Minaki D., Saigusa D., Shinbo H., Mori N., Yuri A., Yokoro M., Mishima E., Shima H., Akiyama Y., Takeuchi Y., Kikuchi K., Toyohara T., Suzuki C., Ichimura T., Anzai J., Kohzuki M., Mano N., Kure S., Yanagisawa T., Tomioka Y., Tohyomizu M., Tsumoto K., Kazuto Nakata K., Bonventre J.V., Ito S., Osaka H., Hayashi K. and Abe T. Mitochonic acid MA-5 binds to mitochondria and ameliorates renal tubular and cardiac myocyte damages. J Am Soc Nephrol. in press
  • Suzuki T., Yamaguchi H., Kikusato M., Matsuhashi T., Matsuo A., Sato T., Oba Y., Watanabe S., Minaki D., Saigusa D., Shimbo H., Mori N., Mishima E., Shima H., Akiyama Y., Takeuchi Y., Yuri A., Kikuchi K., Toyohara T., Suzuki C., Kohzuki M., Anzai J., Mano N., Kure S., Yanagisawa T., Tomioka Y., Toyomizu M., Ito S., Osaka H., Hayashi K. and Abe T. Mitochonic Acid 5 (MA-5), a Derivative of the Plant Hormone Indole-3-Acetic Acid, Improves Survival of Fibroblasts from Patients with Mitochondrial Diseases.Tohoku J Exp Med. 236: 225-232, 2015
  • Mishima E., Fukuda S., Shima H., Hirayama A., Akiyama Y., Takeuchi Y., Fukuda N.N., Suzuki T., Suzuki C., Yuri A., Kikuchi K., Tomioka Y., Ito S., Soga T. and Abe T.Alteration of the Intestinal Environment by Lubiprostone Is Associated with Amelioration of Adenine-Induced CKD. J Am Soc Nephrol. 26: 1787-94, 2015
  • Takeuchi Y. Mishima E., Shima H., Akiyama Y., Suzuki C., Suzuki T., Kobayashi T., Suzuki Y., Nakayama T., Takeshima Y., Vazquez,N., Ito S., Gammba G. and Abe T.Exonic Mutations in the SLC12A3 Gene Cause Exon Skipping and Premature Termination in Gitelman’s Syndrome. J. Am. Soc. Nephrol. 26: 271-279, 2015
  • Toyohara T., Suzuki T., Akiyama Y., Takeuchi Y., Mishima E., Kikuchi K., Suzuki C., Tanemoto M., Ito S., Nagao S., Soga T. and ABE T. Metabolomic Profiling of the ADPKD rat model. Clin. Exp. Nephrol. 15: 676-687, 2011

OB・OGの主な進路

聖路加国際病院、亀田総合病院、虎の門病院、Harard 大学医学部、Harvard大学 iPS研究所

担当教員より進学志望者へのメッセージ

治療法が確立されていない慢性腎臓病(CKD)やミトコンドリア病の治療法を開発して患者さんを救いましょう。

pagetop