サイクロトロン核医学

Cyclotron Nuclear Medicine

放射線医学・バイオイメージング

医学、薬学、医工学、工学、物理学と連携した学際的なサイクロトロン医学研究に興味ある方、大歓迎!

医科学専攻

  • 修士課程/博士課程

教員構成

田代 学田代 学

田代 学教授

TASHIRO, Manabu Professor, M.D. Ph.D.

TEL:022-795-7797

E-Mail:mtashiro*m.tohoku.ac.jp
(「*」を「@」に変換してください)

URL:http://kakuigaku.cyric.tohoku.ac.jp/

この分野の研究テーマ

  • ポジトロン断層法(PET)を用いた機能イメージング研究・分子イメージング研究
  • 近赤外線分光計(NIRS)や核磁気共鳴法(MRI)を用いたイメージング研究

研究キーワード

神経伝達機能, 薬物副作用, スポーツ科学, 健康科学, ビジュアリゼーション

技術キーワード

陽電子断層法:PET, 近赤外線分光計:NIRS, 分子イメージング, 生体機能イメージング, パフォーマンス試験

分野の紹介

「分子イメージング(Molecular imaging)」とは、「生きたままの状態で生体内の遺伝子やタンパク質などの分子の挙動を体外から観察する技術」を指します。分子イメージングは、医学、工学、医工学、薬学の新しい境界・複合領域です。方法論としては、ポジトロン断層法(PET)、核磁気共鳴画像(MRI)、光学イメージング(近赤外線分光計:NIRS)などの手法が用いられています。
当研究室は、サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター(北青葉山キャンパス)内にあります。サイクロトロン医学利用およびポジトロン断層法(PET)に関する学内共同利用体制を運営しながら、PETを用いた臨床研究を主に推進しています。PETは、分子イメージング研究の代表的モダリティの一つで、脳、心臓、がん、筋肉等のイメージング研究に広く利用されています。具体的な研究テーマは、神経受容体伝達機能の評価、臨床薬理学研究、認知症早期診断、健康科学への応用研究(スポーツ科学、代替医療)など多岐にわたります。また定量法や解析法の開発も進めています。
大学院医学系研究科の協力講座として分子イメージング教育コースの現場として活動し、臨床研究および基礎研究を推進しています。臨床PET研究を行う区画は臨床研究専用の診療所(東北大学病院出張診療所)として運営されています。
さらに、サイエンス・ビジュアリゼーション(科学における視覚化技術)に関する研究もしております。

Figure 1 ランニング時の全身エネルギー代謝マップ
Figure 1 ランニング時の全身エネルギー代謝マップ
Figure 2 タウイメージング薬剤の共同臨床研究
Figure 2 タウイメージング薬剤の共同臨床研究

主な論文

  • Hiraoka K, Tashiro M, Grobosch T, Maurer M, Oda K, Toyohara J, Ishii K,Ishiwata K, Yanai K. Brain histamine H1 receptor occupancy measured by PET after oral administration of levocetirizine, a non-sedating antihistamine. Expert Opin Drug Saf. 2015;14(2):199-206.
  • Kurokawa D, Sano H, Nagamoto H, Omi R, Shinozaki N, Watanuki S, Kishimoto KN, Yamamoto N, Hiraoka K, Tashiro M, Itoi E. Muscle activity pattern of the shoulder external rotators differs in adduction and abduction: an analysis using positron emission tomography. J Shoulder Elbow Surg. 2014;23(5):658-64.
  • Sato H, Ito C, Tashiro M, Hiraoka K, Shibuya K, Funaki Y, Iwata R, Matsuoka H, Yanai K. Histamine H? receptor occupancy by the new-generation antidepressants fluvoxamine and mirtazapine: a positron emission tomography study in healthy volunteers. Psychopharmacology (Berl). 2013;230(2):227-34.
  • Shidahara M, Tashiro M, Okamura N, Furumoto S, Furukawa K, Watanuki S,Hiraoka K, Miyake M, Iwata R, Tamura H, Arai H, Kudo Y, Yanai K. Evaluation of the biodistribution and radiation dosimetry of the 18F-labelled amyloid imaging probe [18F]FACT in humans. EJNMMI Res. 2013;3(1):32.
  • Ogura T, Tashiro M, Masud M, Watanuki S, Shibuya K, Yamaguchi K, Itoh M, Fukuda H, Yanai K. Cerebral metabolic changes in men after chiropractic spinal manipulation for neck pain. Altern Ther Health Med. 2011;17(6):12-7.

OB・OGの主な進路

大学教員(教授、准教授ほか)、研究所研究員(室長)、専門学校教員(学院長)、クリニック職員(院長)、クリニック職員(技術職員)

担当教員より進学志望者へのメッセージ

修士号(医科学)および博士号(医学)が取得可能です。「分子イメージング教育コース」が選択でき、我が国で分子イメージング教育を正式に受けた証となります。

pagetop