新興・再興感染症学講座

Emerging and Reemerging Infectious Diseases

臨床医学, 公衆衛生学

新興・再興感染症の疫学的検討、診療、対策立案実行から、診断・治療・予防法の開発へと直接につなげていく

医科学専攻

  • 修士課程/博士課程

教員構成

大曲 貴夫大曲 貴夫

大曲 貴夫客員教授

OHMAGARI, Norio Professor, M.D., M.Sc., Ph.D.

TEL:03-3202-7181

E-Mail:nohmagari*hosp.ncgm.go.jp
(「*」を「@」に変換してください)

URL:http://dcc-ncgm.jp/

この分野の研究テーマ

  • 新興再興感染症患者の臨床管理
  • 医療機関および公衆衛生部門の危機管理

研究キーワード

新興再興感染症, 危機管理, 抗菌薬耐性菌, 医療関連感染症

技術キーワード

ゲノム解析, 遺伝した項目測定による微生物学的診断, 医療疫学

分野の紹介

感染症のフィールドは、個人の患者の健康の問題からグローバルレベルへと大きく広がっています。対象は、個別の疾患の診断治療のみならず、予防・公衆衛生的な対策まで多岐にわたります。国立国際医療研究センター 国際感染症センター(DCC)では1) 臨床感染症のclinical referral centerとして機能する、2)感染症領域の人材育成/トレーニングへの注力、3)情報の発信源となりネットワーキングに努める、4)国内外の感染症の研究拠点となる、5)実地疫学の実践の5つを活動の柱に据え、国内・国外の感染症に関す包括的・多面的・先進的な取り組みを行っています。主な研究テーマとしては、新興再興感染症のゲノム手法を用いた診断、新興再興感染症の治療・予防、医療機関および公衆衛生のEmerging Preparedness、感染症の流行に関与する心理社会的因子およびリスクコミュニケーションの手法に関する研究、抗菌薬耐性菌感染症、マラリア・デング熱・腸チフスなどの輸入感染症の臨床疫学研究です。

Figure 1 熱帯熱マラリア原虫のギムザ染色像
Figure 1 熱帯熱マラリア原虫のギムザ染色像
Figure 2 新興感染症対応訓練の様子
Figure 2 新興感染症対応訓練の様子

主な論文

  • Binh NG, Hayakawa K, Co DX, Tuan ND, Anh NH, Thuy NT, Phuong DM, Huong NT, Thuy PT, Chau NQ, Nhung PH, Gam do TH, Hai DT, Huong TT, Van Anh L, Takeshita N, Ohmagari N. The efficacy and nephrotoxicity associated with colistin use in an intensive care unit in Vietnam: Use of colistin in a population of lower body weight. Int J Infect Dis. 2015 Jun;35:18-23. doi: 10.1016/j.ijid.2015.03.020. Epub 2015 Mar 30. PubMed PMID: 25835100.
  • Sherchan JB, Hayakawa K, Miyoshi-Akiyama T, Ohmagari N, Kirikae T, Nagamatsu M, Tojo M, Ohara H, Sherchand JB, Tandukar S. Clinical epidemiology and molecular analysis of extended-spectrum-β-lactamase-producing Escherichia coli in Nepal: characteristics of sequence types 131 and 648. Antimicrob Agents Chemother. 2015;59(6):3424-32. doi: 10.1128/AAC.00270-15. Epub 2015 Mar 30. PubMed PMID: 25824221; PubMed Central PMCID: PMC4432170.
  • Kutsuna S, Kato Y, Moi ML, Kotaki A, Ota M, Shinohara K, Kobayashi T, Yamamoto K, Fujiya Y, Mawatari M, Sato T, Kunimatsu J, Takeshita N, Hayakawa K, Kanagawa S, Takasaki T, Ohmagari N. Autochthonous dengue fever, Tokyo, Japan, 2014. Emerg Infect Dis. 2015 Mar;21(3):517-20. doi: 10.3201/eid2103/141662. PubMed PMID: 25695200; PubMed Central PMCID: PMC4344289.
  • Hayakawa K, Miyoshi-Akiyama T, Kirikae T, Nagamatsu M, Shimada K, Mezaki K, Sugiki Y, Kuroda E, Kubota S, Takeshita N, Kutsuna S, Tojo M, Ohmagari N. Molecular and epidemiological characterization of IMP-type metallo-β-lactamase-producing Enterobacter cloacae in a Large tertiary care hospital in Japan. Antimicrob Agents Chemother. 2014 Jun;58(6):3441-50. doi: 10.1128/AAC.02652-13. Epub 2014 Apr 7. PubMed PMID: 24709261; PubMed Central PMCID: PMC4068452.
  • Kutsuna S, Hayakawa K, Kato Y, Fujiya Y, Mawatari M, Takeshita N, Kanagawa S, Ohmagari N. The usefulness of serum C-reactive protein and total bilirubin levels for distinguishing between dengue fever and malaria in returned travelers. Am J Trop Med Hyg. 2014 Mar;90(3):444-8. doi: 10.4269/ajtmh.13-0536. Epub 2014 Jan 13. PubMed PMID: 24420780; PubMed Central PMCID: PMC3945689.

OB・OGの主な進路

担当教員より進学志望者へのメッセージ

pagetop