トップ > 病院・企業の方へ

病院・企業の方へ

東北大学医学系研究科職員への兼業依頼について

東北大学医学系研究科職員への兼業依頼については、申請許可手続きを行うことになります。
このことについて下記1及び2により申請許可手続きを行うこととなりましたので承知願います。

依頼方法

1 兼業(下記2の役員等兼業を除く)
  1. (1) 様式:「兼業依頼状(兼業許可申請書・許可書)」(下記A.)
  2. (2) 依頼先:医学部・医学系研究科人事係 m-kengyo@bureau(末尾に「.tohoku.ac.jp」を付けてください)
    (下記B.の役員兼業等についても同様です)
  3. (3) 方法:電子メールにより「兼業依頼状(兼業許可申請書・許可書)」(下記A.)を添付ファイルで送信してください。その際、メールの件名を「○○教授(兼業に従事する本学教員名)・△△病院(貴病院名又は企業名)」にして下さい。
  4. (4) 期限:兼業許可希望日の1か月前
  5. (5) 回答:原則として職員の派遣をもって兼業許可の回答に代えさせていただきます。なお、必要な場合には、その旨をメール本文にお書きください。
  6. (6) 照会:兼業の手続き等について不明な点がありましたら、兼業許可希望日の1月前までに上記依頼先へ照会願います。
  7. (7) 様式・見本
    A. 兼業依頼状(兼業許可申請書)ダウンロード用(WORD)(25年7月2日から新様式に変更)
    B. 兼業依頼状記入見本(非常勤医師・非常勤講師・講演以外)
    C. 兼業依頼状記入見本(非常勤医師・非常勤講師)
    D. 兼業依頼状記入見本(講演)
2 役員等兼業[下記1)〜3)の場合]
  1. 1) 技術移転事業者(TLO)の役員等(監査役を除く。)の兼業
  2. 2) 研究成果活用企業の役員等(監査役を除く。)の兼業
  3. 3) 株式会社又は有限会社の監査役の兼業
  1. (1) 様式:「役員等兼業依頼状」(下記E.)
  2. (2) 方法等:上記1)〜3)の役員等兼業の場合は、審査に要する時間及び「役員等兼業依頼状」(下記E.)のほか別途書類が必要となりますので、により兼業許可希望日の3月前までに上記依頼先へ照会願います。

様式・見本

E. 役員等兼業依頼状(WORD)
F. 兼業依頼状(技術移転事業者(TLO)の役員等)(WORD)(25年7月2日から新様式に変更)
G. 兼業依頼状(研究成果活用企業の役員等)(WORD)(25年7月2日から新様式に変更)
H. 兼業依頼状(株式会社又は有限会社の監査役)(WORD)(25年7月2日から新様式に変更)

産学官連携推進本部について

受託研究・共同研究・学術指導については、こちらをご覧ください。
http://www.rpip.tohoku.ac.jp/