The Tohoku Journal of Experimental Medicine(TJEM)

写真:創刊号の表紙

TJEMは1920年 (大正9年) 、東北帝国大学医科大学により創刊された国際的な英文総合医学雑誌です。TJEMは、臨床医学、基礎医学、社会医学を含めた医学及び関連領域のすべてを対象としており、世界の医学研究の発展に貢献してきました。さらに、2011年の東日本大震災を契機に、防災・減災の観点から、古地震学などを含む防災科学 (Disaster-Prevention Science)をTJEMの対象領域に含めました。今後も、最新の科学情報を広く発信していきます。

TJEMは創刊以来、学外の投稿者にも門戸を解放し、我が国の医学研究の成果を広く世界に紹介してきました (被引用数ランキングTop30参照)。また、終戦直後の1946年を除き、戦時下においても発行され続けてきた歴史ある医学誌です。1981年以降、東北大学大学院医学系研究科の教員を中心に組織される『東北ジャーナル刊行会 Tohoku University Medical Press』が母体となり、毎月刊行しています。さらに、冊子体に先行して、独立行政法人科学技術振興機構 (JST)のご支援により、オンライン(科学技術情報発信・流通総合システム,J-STAGE)上ですべての掲載論文を無料公開しています(オープンアクセス刊行)。論文採択から公開までの平均日数は16日であり、この迅速対応も多くの著者からTJEMが支持される理由の一つになっています。

Top 30 Articles Most Frequently Cited

さらに、TJEMは平成25年度科学研究費助成事業(研究成果公開促進費)「国際情報発信強化」の支援を得て(課題番号: 252007)、読者の利便性の更なる向上のため、平成25年4月号より全文XMLを導入致しています。

TJEM刊行の意義

高度な学術雑誌の刊行はその国の文化水準の尺度の一つと考えられます。国際的な英文総合医学誌であるTJEMを刊行し、世界的な規模で流布させることは、我が国にとっても重要なことです。事実、TJEMは世界各国の主要な大学・研究機関の図書館に所蔵されています。さらに、1920年創刊号からのTJEM全掲載論文をWeb上にて自由に入手する事ができます。事実、毎月のべ25,000編のTJEM掲載論文がダウンロードされています。

このように、本学医学系研究科は自らの医学研究を推進するのみならず、国際的な文化事業の一環としてTJEMを刊行し、世界の医学研究の発展に貢献しています。

科学技術情報発信・流通総合システム(J-STAGE)
ONLINE ISSN: 1349-3329 PRINT ISSN: 0040-8727

J-STAGE

国際的な論文審査体制

写真:2014年の論文投稿状況

TJEMの編集委員会 (Editorial Board)は編集長を含めた学内委員10人と学外委員31人(外国人17名、13ヶ国)から構成され、投稿論文の迅速かつ厳格な審査が国際的に行われています。投稿論文の審査は、世界中の卓越した研究者(2016年実績:のべ973人、おおよそ30カ国)、編集委員、及び編集長の連携に基づき、全員の奉仕活動として実施されています(平均査読日数:約15日)。また、国内各大学・研究機関等は勿論、海外から数多く投稿されています。事実、2016年の投稿論文数(749編)の84%は海外からの投稿であり、海外の研究者からこれほど支持されている国内刊行雑誌は他に例がありません。なお、2015年の論文採択率は18%でした。

Top 30 Articles Most Frequently Cited

来るべき創刊100周年

東京オリンピックが開催される2020年に、TJEMは創刊100周年を迎えます。この機会に、TJEMの紹介記事をご覧ください。同記事は、編集長への取材(2014年10月実施)に基づきトムソン・ロイター・マーケッツ株式会社により作成されました。

TJEM 創刊100周年Webサイト

(TJEM刊行を支える編集部の方々にTJEM運営についてお聞きしました)
百年の歴史、百年の未来

お問い合わせ

東北ジャーナル刊行会
TOHOKU UNIVERSITY MEDICAL PRESS

Fax: 022-717-8185
E-mail: office*journal.med.tohoku.ac.jp(「*」を「@」に変換してください)

TJEM Webサイト

pagetop