分子薬理学

Molecular Pharmacology

基礎医学, 分子生物学・細胞生物学

薬物治療学の分子基盤および新規ターゲット分子の探索と作用機序の解明をめざしています

医科学専攻

  • 修士課程/博士課程

教員構成

谷内 一彦谷内 一彦

谷内 一彦教授※兼任

YANAI, Kazuhiko Professor, M.D. Ph.D.

TEL:022-717-8064

E-Mail:tksato*med.tohoku.ac.jp
(「*」を「@」に変換してください)

URL:http://www.molpharm.med.tohoku.ac.jp/fen_zi_yao_lihomupeji/HOME.html

その他の教員・スタッフ
  • 佐藤 岳哉准教授

    Assoc. Prof.SATO, Takeya

  • 斎藤 将樹助教

    Assistant Prof.SAITO, Masaki

この分野の研究テーマ

  • Gタンパク質共役型受容体(GPCR)結合タンパク質による細胞内シグナリングと受容体局在制御機構の解明
  • ミトコンドリア品質管理機構と薬物誘発性心毒性機序

研究キーワード

ミトコンドリア病, 細胞内シグナル伝達, 創薬ターゲット分子, 一次繊毛機能不全症

技術キーワード

分子生物学, 細胞生物学, 薬理学, オートファジー

分野の紹介

カルシウム拮抗薬、カリウムチャネル開口薬の発祥の教室です。最近では、細胞内微小領域におけるGPCRのシグナル伝達制御機構の解明、一次繊毛を介した細胞増殖・分化機構の解明、また遺伝子治療への応用を視野に入れたレンチウイルスの使用や、抗ウイルス薬の副作用発現メカニズムの解明から心不全モデルの実験モデルの樹立にも力を注いでいます。各種薬物のミトコンドリアに対する毒科学的解析・評価からミトコンドリア保護作用を持つ薬物の開発に取り組み、ミトコンドリア病の治療に有効な薬物を、臨床系研究室との共同研究で開発中です。
大学院には医学部卒業生だけでなく、本学や他大学の薬学部、健康栄養学科等からの卒業生はもちろんのこと、生物学や薬理学に興味を持つ人材を、社会人を含め広く受け入れています。

Figure 1 GPCRおよび一次繊毛の機能制御機構
Figure 1 GPCRおよび一次繊毛の機能制御機構
Figure 2 心毒性薬のミトコンドリア品質管理への影響
Figure 2 心毒性薬のミトコンドリア品質管理への影響

主な論文

  • Suzuki T., et al.? Mitochonic acid MA-5 binds to mitochondria and ameliorates renal tubular and cardiac myocyte damages. J Am Soc Nephrol. doi: 10.1681/ASN.2015060623
  • Murakami M, et al.? Involvement of the histamine H1 receptor in the regulation of sympathetic nerve activity. Biochem Biophys Res Commun., 458, 584-589 (2015).
  • Sato T, et al. Evaluation of bystander cell killing effects in suicide gene therapy of cancer: Engineered thymidylate kinase (TMPK)/AZT enzyme-prodrug axis. Methods Mol Biol., 1317:55-67(2015).
  • Suzuki T, et al.? Mitochonic acid 5 (MA-5), a derivative of the plant hormone indole-3-acetic acid, improves survival of fibroblasts from patients with mitochondrial diseases. Tohoku J Exp Med. 236, 225-232 (2015).
  • Sato T., et al.? The Engineered Thymidylate Kinase (TMPK)/AZT Enzyme-Prodrug Axis Offers Efficient Bystander Cell Killing for Suicide Gene Therapy of Cancer. PLOS ONE 8, e78711 (2013).
  • Katsushima Y., et al.?Interaction of PICK1 with C-Terminus of Growth Hormone?Releasing Hormone Receptor (GHRHR) Modulates Trafficking and Signal Transduction of Human GHRHR. J. Pharmacol. Sci., 122, 193-204 (2013).

OB・OGの主な進路

オタワ大学、三菱田辺、ヤクルト、バイエル薬品、三菱化学、秋田大学医学部医学科・学士入学 (麻酔医)、弘前大学医学部医学科・学士入学、東北大学病院他、臨床医多数、町田市民病院

担当教員より進学志望者へのメッセージ

新薬開発は未来につながります。薬理学や分子・細胞生物学に興味がある人を求めています。人類の健康とサイエンスを結びつける私たちの挑戦への参加を。

pagetop