保健学科について

東北大学医学部保健学科には「看護学」「放射線技術科学」「検査技術科学」の3つの専攻があります。

看護学専攻

看護が担うケアはヒューマンケアであり、人間の誕生から死を迎えるまでの一生涯において、健康でよりよく生きることを支援する活動です。また、看護学は病人の療養生活の援助や疾病の予防・健康維持増進のための日常生活、及びセルフケアのありかたを追求するヒューマンサイエンスです。看護学専攻では、様々な知識と対象を理解できる人材を育成します。

放射線技術科学専攻

放射線医療の分野には画像診断、核医学、放射線治療の3つの領域があり、超音波・磁気・X線・放射性同位元素によって人体の内部を画像化し診断すること、疾患部を放射線によって治療するなどに大別できます。それは安全で正確かつ高精度であることが絶対条件であり、それを完全に満たすための学問が放射線技術科学です。それらは放射線基礎医学などから医療機器の理論,診断画像の撮影および構築法、放射線治療および生物学、放射線計測法および管理など広範囲な学問領域からなります。

検査技術科学専攻

医学・医療技術の進歩に伴い、臨床検査法は高度に専門化しつつあり、幅広い教養とより深い専門知識を持つ臨床検査技師の育成が望まれています。本専攻では遺伝子工学を含めた検査学の基礎的事項を基礎検査学講座で学び、また、臨床検査学的な事項を臨床検査学講座で重点的に学びます。さらに指導者・教育者・研究者へと発展しうる優れた人材を育成します。

教育理念

少子高齢社会の到来による社会状況や保健・医療を取り巻く環境の変化の中で、予防から健康管理までを一貫して考える総合医療が求められています。
保健学科では、このような社会的要請に応えるために、人間性豊かで幅広い教養と確固たる倫理観を有し、かつ、科学的な知識と技術、そして冷静、緻密な総合判断力を備えた保健・医療専門職を育成します。
また、人々の健康的な生活を支援するために、他の保健・医療等専門職と協同してチーム医療・チームケアを実践できる人材を育成します。

医学部保健学科学生募集

医学部では人類の生命科学に対する強い探究心と明確な目的意識を持ち、病める人の立場になって問題解決のできる人間性豊かな人材、また、国際的視野をもって行動できる人材を求めています。

教育

保健学科は、人間性豊かな優れた看護師・保健師・助産師・診療放射線技師・臨床検査技師と、研究者・教育者を育成します。
1・2年次は東北大学共通の全学教育科目を中心に、2年次以降は専門教育科目を中心に履修し、学内実習、臨地実習終了後、卒業研究をまとめていきます。

お問い合わせ

保健学科教務係

〒980-8575 仙台市青葉区星陵町2-1
TEL: 022-717-7905
E-mail: cms-kyom*grp.tohoku.ac.jp(「*」を「@」に変換して送ってください。)

pagetop