神経病態制御学(脳血管内治療科)

Neuroendovascular Therapy

臨床医学, 生理学

医工学連携から病態の本質に迫る

医科学専攻

  • 修士課程/博士課程

教員構成

冨永 悌二冨永 悌二

冨永 悌二教授

TOMINAGA, Teiji Professor, M.D. Ph.D.

この分野の研究テーマ

  • 脳動脈瘤発生に関する研究
  • 数値流体力学を用いた脳動脈瘤の血流解析

研究キーワード

脳血管内治療, 脳動脈瘤, 頚部内頚動脈狭窄症, ステント, 数値流体力学

技術キーワード

数値流体力学, 脳動脈瘤, ステント

分野の紹介

脳血管障害全般、特に脳虚血と脳動脈瘤の病態生理の解明、新しい治療デバイスの開発などを、21世紀COEプログラムや先進医工学研究機構(TUBERO)などと連携しつつ進めております。 脳動脈瘤の病態解明では三次元診断画像(三次元脳血管撮影およびMRA、CTA)などから実データーを元にスーパーコンピューターによる血流動態の解析を行う手法(数値流体力学解析)を確立し、世界に先駆けて脳動脈瘤をterminal typeとside-wall typeに分類し、特徴の違いを報告しました。また、破裂脳動脈瘤の破裂部位の同定に有用なことを確かめ、未破裂脳動脈瘤の破裂リスクの解析にもこの手法を役立てつつあります。 超急性期の脳虚血の再開通療法において、機械的塞栓破砕が有用なことを実験的に証明し、パルスレーザーを用いた微小カテーテルレーザージェット血栓破砕装置を開発しました。

Figure 1 脳動脈瘤の数値流体力学解析
Figure 1 脳動脈瘤の数値流体力学解析

主な論文

  • Relative residence time prolongation in intracranial aneurysms: a possible association with atherosclerosis. Sugiyama et al., Neurosurgery 73:767-776, 2013
  • Use of microscope-integrated near-infrared indocyanine green videoangiography in the surgical treatment of intramedullary cavernous malformations: report of 8 cases. Endo et al., J Neurosurg Spine 18:443-449, 2013
  • Local hemodynamics at the rupture point of cerebral aneurysms determined by computational fluid dynamics analysis. Omodaka et al., Cerebrovasc Dis 34:121-129, 2012
  • Computational Simulation of Therapeutic Parent Artery Occlusion to Treat Giant Vertebrobasilar Aneurysm. Hassan et al., AJNR Am J Neuroradiol 25:63-68, 2004
  • Hemodynamic analysis of an adult vein of Galen aneurysm malformation by use of 3D image-based computational fluid dynamics. Hassan et al., AJNR Am J Neuroradiol 24:1075-1082, 2003

OB・OGの主な進路

担当教員より進学志望者へのメッセージ

治療機器開発から数値流体力学(コンピュータシミュレーション)まで、幅広く工学技術を取り入れた研究を行っております。興味がありましたらご連絡ください。

pagetop