• TOP
  • NEWS
  • 【研究成果】難治性高血圧症の新治療法が保険適用に −高血圧の原因ホルモンを手術なしで直接断つ−

お知らせ

  • ニュース

【研究成果】難治性高血圧症の新治療法が保険適用に −高血圧の原因ホルモンを手術なしで直接断つ−

「原発性アルドステロン症」は、国内に400万人程度存在すると推定される頻度の高い難治性の高血圧症で、全高血圧症の10%程度を占めており、脳出血や心筋梗塞を高い割合で合併します。原因は、腎臓の上にある「副腎」に生じる小さな良性腫瘍から、血圧を上昇させる「アルドステロン」というホルモンが過剰に分泌されることです。これまでは、腹腔鏡手術によって副腎腫瘍を摘出するしか根治的治療法がありませんでした。
東北大学病院放射線診断科の高瀬圭教授は、この原発性アルドステロン症に対し、背中から細い針を刺して、高周波電流で原因部位を焼き切る治療法を基礎研究の段階から開発してきました。医師主導治験にて高い成功率を達成し、原発性アルドステロン症による高血圧の新しい治療法として、2020年1月に薬事承認され、今年6月に初めて保険適用となりました。第1例目の治療を東北大学病院で8月30日に実施する予定です。
本治療法は、東日本大震災復興プロジェクトによる、東北大学での10年の研究と医師主導治験の成果です。

詳細はこちらをご覧ください。

ページトップへ戻る