• TOP
  • NEWS
  • 腎うっ血による腎障害機序の一端を解明
    ~ヒト腎臓で初めてペリサイトはく離を検出~

お知らせ

  • プレスリリース

腎うっ血による腎障害機序の一端を解明
~ヒト腎臓で初めてペリサイトはく離を検出~

心不全や肝不全では腎障害がしばしばみられますが、これまで腎静脈圧上昇や腎うっ血に着目し、そのメカニズムを解明する研究は限られていました。
東北医科薬科大学医学部内科学第三(腎臓内分泌内科)教室 森 建文教授と東北大学大学院医学研究科 廣瀬 卓男助教らの研究グループは、動物実験とヒト検体の腎臓を用いた検討を行い、静脈圧の上昇により腎臓がうっ血することで、腎直血管の周皮細胞(ペリサイト)がはく離することを明らかにしました。本成果は、心不全や肝不全等による体液貯留に伴う中心静脈圧、腎静脈圧の上昇が引き起こす腎うっ血による腎障害の病態理解や治療・予防法の開発に役立つことが期待され、「すべての人に健康と福祉を」のSDGsに貢献します。

本研究成果は2023年10月16日付けで国際専門誌Hypertension Research誌に掲載されました(doi: 10.1038/s41440-023-01451-3)。

【問い合わせ先】
●研究に関すること
東北大学 大学院医学系研究科
内分泌応用医科学分野
助教 廣瀬 卓男(ひろせ たくお)
TEL:022-717-7955
E-mail:hirose-t*med.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

●報道に関すること
東北大学大学院医学系研究科・医学部広報室
TEL: 022-717-8032
E-mail: press*pr.med.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

ページトップへ戻る