行動医学(国立精神・神経医療センター)

Behavioral Medicine(National Center of Neurology and Psychiatry)

臨床医学, 神経科学, 生理学

心身症と摂食障害の行動医学的メカニズムを解明し治療法を開発する

医科学専攻

  • 修士課程/博士課程

教員構成

安藤 哲也

安藤 哲也教授

ANDO, Tetsuya Professor, M.D., Ph.D

TEL:042-341-2711

E-Mail:ando*ncnp.go.jp
(「*」を「@」に変換してください)

URL:https://www.ncnp.go.jp/nimh/behavior/

その他の教員・スタッフ
  • 関口 敦准教授

    Asoc. Prof.SEKIGUCHI, Atsushi

この分野の研究テーマ

  • 心身症・摂食障害の心身医学的治療法の開発と検証
  • 心身症・摂食障害のメカニズムの解明

研究キーワード

心身症, 摂食障害, 行動医学, 心身医学, 神経科学

技術キーワード

認知行動療法, バイオマーカー, 遺伝子解析, 神経イメージング

分野の紹介

ストレス関連疾患,特に心身症や摂食障害を対象に,Biopsychosocialモデルに基づき,病因や発症のメカニズム,病態を臨床的,基礎的に研究し,効果的な治療法や予防法を開発しています. 現在は、神経性過食症の認知行動療法の多施設共同による無作為化比較試験および、過敏性腸症候群の認知行動療法の多施設共同による無作為化比較試験に焦点を当てている。また、心身症・摂食障害の脳画像研究実施している

主な論文

  • Ando T, Komaki G, Naruo T: Possible role of preproghrelin gene polymorphisms in susceptibility to bulimia nervosa. Am J Med Genet Neuropsychiatr Genet 141B: 929-934, 2006.
  • Ando T, Ichimaru Y, Konjiki F, Shoji M, and Komaki G: Variations in the preproghrelin gene correlate with higher body mass index, fat mass, and body dissatisfaction in young Japanese women. Am J Clin Nutr 86: 25-32, 2007.
  • Ando T, Ishikawa T, Hotta M: No association of brain-derived neurotrophic factor Val66Met polymorphism with anorexia nervosa in Japanese. Am J Med Genet Part B 159B:48-52, 2012.
  • Ando T, Tamura N, Mera T, et al. Association of the c.385C>A (p.Pro129Thr) polymorphism of the fatty acid amide hydrolase gene with anorexia nervosa in the Japanese population. Molecular Genetics & Genomic Medicine 2:313-318, 2014
  • Ohara C, Komaki G, Yamagata Z, Hotta M, Kamo T, Ando T: Factors associated with caregiving burden and mental health conditions in caregivers of patients with anorexia nervosa in Japan. BioPsychoSocial Medicine. 10: 21, 2016.

OB・OGの主な進路

担当教員より進学志望者へのメッセージ

pagetop