先進脳血管外科学(広南病院)

Advanced Cerebrovascular Surgery

臨床医学, 神経科学, 脳神経外科学

外科的アプローチを用いた脳動脈瘤、もやもや病、血管奇形などの脳血管障害・脳循環に関する先端的研究

医科学専攻

  • 修士課程/博士課程

教員構成

藤村 幹藤村 幹

藤村 幹教授

FUJIMURA, Miki Professor, M.D., Ph.D

TEL:022-248-2131

E-Mail:fujimur*nsg.med.tohoku.ac.jp
(「*」を「@」に変換してください)

URL:https://www.kohnan-sendai.or.jp/

この分野の研究テーマ

  • もやもや病の病態解明と術後脳循環に関する臨床研究
  • 脳動脈瘤の病態解明:神経放射線画像を用いた瘤壁病態の解明
  • 脳血管奇形の病態解明

研究キーワード

もやもや病, 脳動脈瘤, 脳卒中, 脳血管奇形, 脳循環代謝

技術キーワード

脳血流SPECT, MRI, 顕微鏡手術, 脳血管内治療, 頭蓋外内バイパス術

分野の紹介

当科では、近年の発展が目覚しい脳血管障害に対する外科治療を入口として、脳動脈瘤、もやもや病などの閉塞性脳血管障害、脳血管奇形における病態研究、脳循環代謝研究を行っています。特に、若年者の脳卒中の原因として近年患者さんが増加傾向にあるもやもや病に関しては半世紀以上にわたる当科での診療経験を踏まえて、遺伝子研究やバイパス手術に際しての周術期病態の解明を中心に先進的研究を推進しています。また、くも膜下出血の原因として重要な脳動脈瘤に関しては高感度MRIを用いた動脈瘤壁イメージング(vessel wall imaging)やコンピューター流体解析(computational fluid dynamics)を駆使した動脈瘤増大・破裂に関する病態研究を進めています。

Figure 1 脳血管外科 顕微鏡手術の実際
Figure 1 脳血管外科 顕微鏡手術の実際
Figure 2 もやもや病:浅側頭動脈・中大脳動脈吻合術
Figure 2 もやもや病:浅側頭動脈・中大脳動脈吻合術

主な論文

  • Kameyama M, Fujimura M et al. Significance of quantitative cerebral blood flow measurement in the acute stage after revascularization surgery for adult moyamoya disease: Implication for the pathological threshold of local cerebral hyperperfusion. Cerebrovasc. Dis. 48(3-6):217-225, 2019
  • Tashiro R, Fujimura M et al. Incidence and risk factors of the watershed shift phenomenon after superficial temporal artery-middle cerebral artery anastomosis for adult moyamoya disease. Cerebrovasc. Dis. 47(3-4):178-187, 2019
  • Saito A, Fujimura M et al. Diagnostic value of contrast-enhanced magnetic resonance vessel wall imaging on the onset type of vertebral artery dissection. Cerebrovasc. Dis. 48(3-6):124-131, 2019
  • Fujimura M et al. Intrinsic development of choroidal and thalamic collaterals in hemorrhagic-onset moyamoya disease: Case control study of the Japan Adult Moyamoya trial. J. Neurosurg. 2018 May 4:1-7. doi: 10.3171/2017.11.JNS171990. [Epub ahead of print]
  • Fujimura M et al. Increased serum production of soluble CD163 and CXCL5 in patients with moyamoya disease: Involvement of intrinsic immune reaction in its pathogenesis. Brain Res. 15;1679:39-44, 2018

OB・OGの主な進路

仙台市立病院脳神経外科、東北医科薬科大学脳神経外科助教、MD Anderson Center (Texas, USA)研究員、Director of Moyamoya Center, Department of Neurosurgery, Zhongnan Hospital of Wuhan University (Wuhan, China)

担当教員より進学志望者へのメッセージ

脳血管障害の外科治療は発展が目覚しい分野ですが、基礎・周術期病態については不明な点も多く解明が強く望まれています。皆様の本分野への研究参加をお待ちしています。

pagetop